ヨーグルトダイエット 効果

ヨーグルトダイエットというダイエット法が大きな話題を呼びました。

食事の前にヨーグルトを1個食べるだけのダイエット法です。

食前にヨーグルトを食べることによって、胃にあらかじめ満腹状態を作っておき、普段の食事の量を減らしてダイエット効果につなげるというものです。

ヨーグルトはプレーンタイプのものを100グラム程度食べます。

食事時間の30分前に食べます。

この方法は、ヨーグルトのカロリー計算をせずに普段通り食事をしてしまう方が多く、むしろ太ってしまったという失敗談が多く出ています。

ヨーグルトダイエットとしての効果がないという意見がありました。

このほかには、プチ断食にヨーグルトを用いるヨーグルトダイエットもあります。

ヨーグルトと豆乳を三食用意して約2日間過ごすというものです。

炭酸水にレモン汁を加えたものを、間食としてサポート飲用します。

この方法でのヨーグルトダイエットは、ドカ食いをする方に効果を発揮します。

胃が小さくなって、食べる量をコントロールできるようなる効果があります。

またヨーグルトの乳酸菌が腸を刺激しますので、お通じの改善やデトックス効果で体をリセットさせることもできます。

3食のヨーグルトは原則プレーンを食べますが、飽きたりもしますので、黄な粉や黒ごまペースト、黒糖などをトッピングして甘味を補うことも一案です。

どちらの方法も食べるだけダイエットですが、食生活の改善にプラスしたヨーグルトダイエットであることを念頭に置かれることが大切のようです。