みずほ銀行カードローンについて

銀行のみずほ銀行カードローンや消費者金融のキャッシングとはあくまでも大金とは言えないほどの金額のお金を融資してもらうことが出来るサービスです。
大体の場合、金融会社から借金をする際にはさまざまな保証をきちんと用意する必要が出てきます。
ただし、少額のキャッシングということであるならばわざわざ連帯保証人を付けたり、物件をカタにする面倒な手間は省くことが出来るのです。
免許証やパスポートなど本人確認が可能な書類だけで、すべて完了となりますから、気軽に利用できます。
独立して、個人で生計を立てるようになってから数年です。
収入は山あればもちろん、悪い時もあるのが現実です。
ディスプレイにヒビが入って使い物にならなくなったので、大至急、代わりを用意するため、今回はキャッシングでの購入を検討していますが、今までローンの審査などとは無縁だったので、わからずにいるのですが、正規雇用者ではない場合にも問題はないのでしょうか。
「嘘の申告をしてみずほ銀行カードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。
事実だけ言えば、それはそれだけで刑法上の罪(有印私文書偽造)になります。
ただ、審査中に発覚したとしても会社としては実害発生前なので、通報することはなさそうですが、被害が出ていれば通報する、未然阻止ならしないというスタンスかもしれません。
どのみち、虚偽でお金を借りることがまかり通るなんてまず、ないのではないでしょうか。
個人的には、偽らざるをえない状況のほうが深刻だと思いますが、もし融資を受けられたとして、完済までにバレる恐怖が続く上、バレたら一括返済を迫られる(当然です)といった大きなデメリットがあります。

みずほ銀行カードローンは専業主婦でも借りられる?審査はどう?