白髪染め年相応だからやらなくていい?

僕は昔から老けて見られました。
理由は、控えめな性格と子供の頃から多かった若白髪のせいです。
物心がついた頃から白髪がありました。
そのころは今のように多くはありませんでしたが、それでも1本2本ではなく、全体的に少しずつ生えていました。
控えめな性格に加えてけっこうある若白髪。
今思えばよくいじめられなかったなと思います。
まわりのみんなは、なぜ僕だけがこんなに白髪があるのかを純粋に不思議に思っていたみたいです。
同じように、僕の頭に白髪がいっぱいあるのはなぜだろう、そんなふうにずっと疑問に思っていました。
そして中学校を卒業する頃には、小学生当時の数倍に白髪が増えていました。
僕が白髪を染めようと決心したのは高校に入学してまもなくの事です。
僕には12歳年の離れた兄と3歳下の弟がいます。
5月のゴールデンウィークに弟と一緒に兄のマンションに遊びに行きましたが、着いた日の夜に兄の友人が数人遊びに来たんです。
その友人たちは約束していた日を間違えていたらしく、気づかないまま来てしまったみたいです。
遠くから来ていたので追い返すわけにも行かず、その日は泊まっていくことになりました。
みんなで食事をしながら賑やかにお酒を飲んでいる時のことです。
僕が弟だということも何も伝えていなかったので、その友人達から、ところであなたはどなたですか?と聞かれました。
それに僕が答える前に兄がこいついくつに見える?と逆に質問したんです。
そうしたら、みんなの回答が「同い年くらい」でした。
ちょっと白髪が多いから老けて見えるけど同い年くらいかな、と余計なことまで言われました。
それを聞いた兄は大爆笑しています。
弟はすごく困った顔をしながら僕を見ています。
実は高校1年生なんだと兄が言ったらその友人たちは静かになりました。
あ、そうなんだ、ごめんね・・・そう言ってさっきまで騒がしかったのが静かになっちゃいました。
悪いことを言ったと思ったのでしょう。
この瞬間です。
白髪を染めようと思ったのは。
確かに兄は若く見えます。
でもその兄と同い年に見える僕は何なんだ。
この白髪のせいですか、これが原因ですか。
次の日兄に車を運転してもらってヘアカラーを買いに行きましたよ。
しっかりと真っ黒に染まるやつを選んで買いましたよ。
兄は僕が欲しいと言った商品を何でもどんどんカゴに入れていきます。
弟がそれを興味のまなざしで見つめています。
家に帰ってすぐに髪を染めて、ほとんど僕の記憶には残っていない頭の毛が真っ黒状態になりました。
鏡で見る僕はすっかり別人でした。
目の前には普通の高校生がいます。
今まで何歳に見られていたのかは謎ですが、今の僕は白髪が目立っていた時と比べて本当の年齢に近づいて見られていると信じています。
タカラバイオ白髪染めルプルプ本音の口コミ【40・50代編】