NISAは口座開設キャンペーンで選ぶのが吉?おすすめはどこですか?

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAについて詳しく説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、キャンペーンがあってもNISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAと積立NISAの違いは、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が決まっています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約する必要があるかどうかです。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAのリスクを紹介します。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限が切れる前に通常の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAを利用する最大の理由は非課税期間があるからですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。口座開設時のキャンペーンもしっかりと比較しておきましょう。

参考:NISA口座開設キャンペーン比較!【2018年おすすめは?】

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

さらに詳細となりますが日本に住む20歳以上ということが決められていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

期間は最長5年までということになっていますが、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISAをどのように使うのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けると株、投資信託、ワラント債になります。

株といってもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

これははじめから決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーができていましたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合は一般的には、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。