正しいドライヤーのかけかた

髪の毛をする際には、正しいドライヤーのかけかたを覚えておく必要があります。

ドライヤーは熱を伴う機器ですので誤った使用法を続けていると、髪や頭皮は取消の付かないダメージを受けることになります。

特に髪の長い女性などは、ドライヤーを使う時間を短縮するために、高温に設定して無茶な使用を行う人などが見かけられますが、これは絶対に止めましょう。

まずシャワーやお風呂で洗髪を終えた時には、髪をタオルで丹念に水分を取ります、この時、決してゴシゴシとこすっては行けません、これでは髪は絡み、キューティクルは台無しになります。

タオルを使う際には髪をはさんで叩くようにして水分を取ります。

これを何度かくり返します。

つぎにドライヤーを使います。

ドライヤーは熱と風で髪の毛を効果的に乾かします。

しかしあまり熱い熱で使うと髪にダメージを与えることもあります。

このためドラーヤーを一切使わず自然乾燥にまかせるという人も稀にいますが、髪の毛のケアの観点からいえばこれは大きな誤りです。

自然に乾燥させた髪は寝癖が付きやすく、またキィーティクルの並びも良くありません。

これではブラシを通すたびに髪の毛がきしり、キューティクルが剥がれてしまいます。

ドライヤーを正しく使うには、まず温度は低温に設定し、髪の毛全体を生乾きの状態にします。

頭皮に関してはこの時に完全に乾かしてしまいましょう。

次にドライヤーの温度を中温に上げて、髪の先から解きほぐすようにドライヤーをあてていきます。

この特、決して髪の生え際から始めてはいけません。