スリッページとは?

スリッページとは、注文を出した値段で約定せずに数銭から10銭以上もずれて、違った価格で約定してしまうことです。

基本的に自分にとって不利な方向にずれてしまう状態を、スリッページといいます。

これが有利な方向へずれてしまうのなら歓迎すべきことですが、不利な方法にずれてしまうのは、大きな損につながってしまう可能性があります。

たかだか数銭くらいと考える方もいるかもしれませんが、あくまでもこれは最低単位でのことです。

注文した額が大きければ大きいほど、このずれが引き起こす損失は、どんどん大きなものになってしまいます。

そのためFX業者を探す時には、スリッページが極力起こらない所を選ぶことも重要です。

注文を確定したのになぜ、このようなことが起こってしまうのかと思われる方もいることでしょう。

これは、相場の流れが急激に動いている時に起こってしまいます。

処理を確定したといっても、細かな部分で遅れが生じてしまうことがあります。

そして相場の流れがとても速い速度で動いている時は、このわずかな遅れが命取りになってしまうこともあるのです。

スリッページの少ない安定した取引をしたいのなら、取引システムが堅牢な業者を利用すると良いでしょう。

しかしそれでも、銀行間取引システムの間でスリッページが発生してしまうこともあるので、100%起こらないとはいいきれません。

絶対に起きないとはいいきれるものではないので、できるだけ少ない業者を選んでも、少しは起きてしまうと思っていた方が良いでしょう。